一気に。。。
2013 / 01 / 31 ( Thu )

「犬が、別の行動も選べるのに、
 私たちについてきて、
 私たちの世界に入ろうとするなら、
 そこで初めて私たちは、真にふさわしいものになれる。」


「犬はそのままで申し分なく完璧な生き物で、
 犬がする経験は人間のそれとは違うけれど、
 だからといって人間より劣っているわけではない。」

「(犬に対して)聞くことや伝えることに
 私たちが上手になればなるほど、
 犬の方もよく耳を傾けるようになる。」

「どこまでも対等な関係であれ」



読み始めたばかりの、本のごく一部。
面白い本ですよ。
一気に読んじゃうかな


05 : 19 : 44 | 雑記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
シンプルに。。。
2013 / 01 / 29 ( Tue )
ワンと散歩をしていると、まれにびっくりする光景を目にすることがあります。



70歳くらいのおばあちゃんとまだまだ若いドーベルマンがゆったりのんびり歩いていたり。。。

60代半ばくらいの女性と若いグレートデーンがゆっくりと川沿いの道をお散歩していたり。。。

どちらも大型犬、かなりの力持ちさんです。

でも横について歩くような指示を犬に対して出しているわけでもないのに、リードは常に緩んでいて、かと言って、常にアイコンタクトを取っている訳でも無く、ただ静かにゆっくり並んで歩いているだけ。
犬も飼い主さんの隣で歩調を合わせて歩くことをを楽しんでいる感じです。

そのペアたちの背景に今までどんなことがあったかは分かりませんが、でもどちらもまだまだ若い大型犬です。
犬のしての本能もあるでしょう。

鳥を見たら追いかけたいとか、興味のある他のワンが来たらちょっと近づいてみたいとか。。。

でもそんなことをする訳でもなく、2人の世界を楽しんでいるっていうか、聞こえては来ないけど2人でずっと会話をしながら歩いているような雰囲気。



お互いを信頼し合って、お互いを気遣ってそれぞれのちょうどう良い所で上手に生活していける。
ワンってすごいですよね。
もちろん、ワンとそんな接し方が出来る飼い主さんも素敵です。


言葉を伝える前に、気持ちを伝える。。。

シンプルに、シンプルに。。。

忘れてはいけないことだと思います。



ワタシもNANAにそんな気持ちをちょっとだけワスレテマシタ。反省



05 : 40 : 38 | ひとりごと | トラックバック(0) | コメント(2) | page top
あたらしいルーティーン
2013 / 01 / 24 ( Thu )
昨日はフリースタイルのレッスンに行ってきました。

3月に開催さされる「AURA K-9 フリースタイルファンマッチ」に向けてのレッスンです。

hulaは曲も決まり、大体のルーティーンも出来上がりました。
あとは3月に向けて、ポジション、トリック、そしてワタシの動き方等々。。。煮詰めていける状態にはなりました。

全体の構成としては、かなりシンプルに創りました。
トリックも出来るだけ減らし、曲に追いかけられる事の無い様に音に余裕を持たせたつもりです。

シンプルなだけに、ポジションや静と動(動く所と止まる所)がしっかりはっきり出来ないと、だらしのない作品になってしまうと思います。

フリースタイルを始めて2年弱。。。
曲選びも、好きだから、やってみたいから。。。というだけでなく、hulaの動きや本番でのモチベーションの事も考えて選んだつもりです。
だからかな。。。思い入れもあり、良い作品にしたいと思ってます。

あっそうそう。。。過去記事のテーマにもなった「傘」ですが、散々悩んだ上、持たないことにしました。
小道具を持つならば、しっかりと使いこなしたいと思っているので今回はナシっ!!という結論にたどり着きました(単純にワタシが使いこなせる自信が無いってのがホンネなんですけど。。。


そしてそしてレッスン終了後、夕食会となりまして。。。
美味しいギョーザ、参鶏湯、ノンアルコールビールなどで、わいわいガヤガヤ。
楽しい時間となりました。

いろんな事を話たり、聞いてもらえて、ストレートな意見を言ってくれる人たちがいるってやっぱり素敵ですよね。


18 : 07 : 38 | 雑記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
伸縮式のリード。。。
2013 / 01 / 20 ( Sun )
ワンと外出する時、どんなリードを使っていますか?

私が最近よく目にするのは、ワンの動きによって自動に伸びたり巻き取ってくれたりする伸縮式のリードです。
特に小型犬の飼い主さんが利用しているように見られます。

引っ張りが強くてお散歩が大変だけど、このリードだと楽だから。。。という理由で使っている方もいらっしゃるようです。

確かにワンが自由に好きな所へ動けるし、好きな様に色々なところの匂いもかげるのでマナーと使い方さえしっかりと理解していれば、とても便利なリードだ思います。


まず、使い方ですが長さを固定するのも自由に伸縮させるのもボタン1つの作業です。
これを上手に使いこなせなければ人もワンも危険な場面に遭遇してしまうことが多々起こってしまいます。
また、他人、他犬に危険が及ぶ事だって十分起こり得ることです。

そしてマナーですが、ロックを外してフリーにした場合、使用する場所には限りがあります。
住宅街、人通りの多い場所、人や子供や他のワンが多くいる場所や、公道等の普段の散歩では使うべきではないと思います。

「うちの犬は大丈夫ですから」じゃないんです。
犬が苦手な人や、犬が苦手な犬や、犬同士の相性だってあります。

じゃあ、どうしたらいいの?
となると、単純に広い場所でノーリードにしないでワンが自由に動いたり匂いを嗅いだり出来る様に使って行けばいいと思います。
但し、知らないワンが来た時や小さな子供が来た時には、ロックして通常のリードの長さ(120cm位)に固定をするべきだと思います。

先日、こんなことがありました。

ワタシの家は住宅街にありますが、門の下の方には小型犬であればくぐれてしまうくらいのスペースがあります。
そこを、伸縮式のリードをフリーの状態で散歩しているワンがくぐって門の中に入って来てリードが伸びている範囲でひとしきり匂いを嗅ぎ出て行きました。
家主であるワタシがその場所にいても、そのワンの飼い主さんは呼び戻す事もなく、「すみません」でもなく何事もなかったように、通り過ぎて行きました。

ここまで来ると、モラルの問題になってしまうのですが。。。

便利な道具を使うときには、使い方、マナー、モラルを十分に理解してからにしたいですね。


16 : 30 : 11 | ひとりごと | トラックバック(0) | コメント(2) | page top
引き出し 1
2013 / 01 / 14 ( Mon )
ふ~っ
雪かきしてきました。
これをやっておかないと、明日門から出られなくなるという最悪の事態が起こりそうだったので。。。

NANAの犬生初の雪体験ですが、モチベーションの大切さをひしひしと感じました。

トレーニングをする上で、何よりも大切な事はワンのモチベーション。
もちろんハンドラーのモチベーションが十分に上がっていないと、ワンはついて来ないし、いい加減になってしまう。

hulaは、トレーニングの時間だっ!と察すると(ワタシの‘アソブ?’の一言が合図です)スイッチが入るので始めやすいけど、NANAは、集中力も持続しないし、突然自分の世界に入ってしまったりする事が多く見られます。

まだまだ、我が家に来て2ヶ月弱、トレーニングというよりはボールや引っ張りっこを中心に、一緒に遊んで楽しむことをしてきました。

ボールさえあれば、ロープさえあればと言うタイプのワンではないNANAとの遊びは、相当なモチベーションの高さが、私に必要になってきます。


でも!!今日のNANAは素晴らしかった。
初雪体験でモチベーションがすっかり上がったのでしょう。
雪遊びをしながらの、ちょっとした遊びとトレーニング。
そしてその後のトレーニング。
集中力が普段とは全く違い、今までやりたがらなかったフセも声符のみで意欲的にやってくれました。

嬉しすぎて小躍りしちゃいました

大切なのはこれを持続させる事で、今日出来たから明日もという訳にも行かないかも知れないけど、彼女が頭の中でフセの意味を理解しているという事が分かっただけでも大きな収穫。

そして彼女にとっても良い経験だったに違いない。

今日の感覚を大切に引き出しにしまっておこうと思います。


18 : 35 : 11 | うちの子達のこと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
降ってますね~
2013 / 01 / 14 ( Mon )
降り続いていますね~雪


hulaは足どころか体まで埋まってしまうほどの雪なので、腰のことも考え5分で断念。

hula&雪


NANAは始めての雪に大興奮。


NANA初雪体験

私は筋肉痛になりそう
(あっ、ちなみに写真を加工してありますが、どちらもリードは付いております)

ワタシは雪が大好きです。
昔、雪の中で生活してみたいと思い、半年間雪山にこもったことがあります。

雪のない都市で生活をしているからでしょうね。

いろんな音が雪に吸収されていく感じ、雪の音の感じ。。。
心まで真っ白にしてくれるような感覚。。。

その頃の夏の過ごし方は海でした。
スキューバをやるために、一人で2週間ほど離島にこもったり、週末ごとに車を走らせて近場の海に潜りに行ったり。。。海も大好きです。
潜っている時の、海の中の音のない感覚の中に魚が食事のために岩をつついたり、レギュレーターから漏れる自分の呼吸音。
地上では見られないのではないかと思うくらいの、素晴らし景色。
穏やかな時の海は雪とは少し違って、「何があっても受け入れるよ」と言ってくれているような優しい感じ。

もちろん、潜っていて海の怖さを感じとことも多々ありましたけど。。。


最近はどちらもすっかりご無沙汰ですが、またいつか行きたいと思っています。



そうそう。。。
猫のモーリンですが、雪が積もっているベランダに出してあげたら怒られました


そろそろ雪かきをしてきます

16 : 56 : 51 | ひとりごと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
記憶
2013 / 01 / 12 ( Sat )
少し前、hulaの兄弟同然のワン達(但し。。。イタグレですが。。)とそのワンの子供達とオフ会をしてきました。
なんと!イタグレ7頭の中にダックス1頭(NANAが来る少し前だったので)です。
当たり前ですが、みんな足が長い!!
hulaの足なんて1/3位かな~
ダックスはこの足が、最高の持ち味でもあるんですけどね

この子たちにとって乳母的な立場に居るのがhula。
その時も当時と変わらない姿が笑えました。

本気で遊んだら、まだまだ若いし、力もある子達ばかりなのにhulaに対しては必ず1歩引きます。


別々に生活を始めたワン達は月日が経つと兄弟を忘れてしまうと言われる事もあるけれど、みんなの様子を見ていると記憶のどこかには残る事もあるんじゃないかと思いました。

当時と変わらない関係性や接し方、甘え方、かわし方、あきらめ方、怒り方、喜び方・・・・
見ていて嬉しくなりました。


hula&biannka


乳母的なお仕事をしている頃のhula
出産の経験はなくても、こんな穏やかな表情になるんですね。

16 : 48 : 20 | 雑記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
親と飼い主。。。
2013 / 01 / 09 ( Wed )
先日、某ファミリーレストランに入った時の事。

幼稚園くらいの子供を連れたお母さんたちが2~3組でお食事をされていました。
食事タイムは終わり、お母さんたちは話に盛り上がっています。

子供たちは飽きてきた様で店内で追いかけっこを始めました。

お店の中って広いし、隠れられるようなところもたくさんあるから楽しいんでしょうね。

見るに見かねた店長らしき男性が、その子たちのお母さんの所へ行き、「他のお客さまもいらっしゃいますし、危ないので、もう少しお静かに・・・」と言うような感じの事をお願いしに行きました。

当然ですよね。
子供たちが従業員の方にぶつかって料理を落としたりしたら、その子たちだって危ないし、料理を注文した方にも迷惑がかかる。。。


でも、それを言われたお母さんグループ。
イラッとした感じであっさりと「子供は遊んだり走ったりするのが仕事なんだから仕方ないでしょ?」
の一言で終わりです。
その後子供に注意する様子もなく話に花を咲かせていました。


間違ってないんですけど、間違っていますよね。

確かに子供にとって遊んだり走ったりすることは大切です。
でも、それをやっていい場所とやってはいけない場所をしっかりと子供に教えなければいけないし、教える事が親の義務だと思います。
走ったり、大きな声を立てながら追いかけっこをさせたいのであれば、公園に行けばいい事です。
少なくとも、ファミリーレストランはその場所ではありません。

コレ、全く同じ事がワン達にも言えます。

ワン達は走る、かじる、吠える動物です。
そしてこの行動は、無駄な行動ではなくペット化される前の野生の頃から、生きていくために必要な行動でもあった訳です。
仲間と連絡を取るため、獲物を捕るため、獲物を追いかけるため。
そして、ワン達とオオカミの違いとも言われているのが、大人になっても遊ぶという事です。
オオカミは大人になったら遊ばなくなると言われています。


でもだからって、いつでもどこでもワン達の好きな時好きな場所で、吠えたり走りだしたり、気になる物をかじりだしたりしたら大変ですよね。
家の中ならまだしも、一緒に出かけた時に好き放題になってしまうと、周りの方々は嫌な気分になります。
それだけでなく、そんな本能に忠実な無邪気なワンと一緒にいる飼い主に対して「なんのしつけも出来ていないのね。。。」と非難の声も出るでしょう。

人間社会の中で一緒に楽しく生活していく為には、やはり人間のルールを教えて行くのは飼い主の義務なんです。出掛ける先々の場所によって、好ましい行動があるはず。
別にワンを押さえつけると言う訳ではありません。
どこでもいっしょに出かけて楽しみたいのであれば、人がそれを先導してあげる義務あるし、それをワン達が実践出来るようにするには、毎日の練習の積み重ねが大切になってきます。

で、走ったり遊んだりして良いところでは思いっきり遊ばせる。

このスイッチのオンとオフが出来る飼い主とワンであれば、好きなだけワンと一緒に楽しむ事が出来ます。
そしてワンだって、有意義な時間を過ごす事が出来るんです。


子供は走ったり遊んだりするのが仕事。
犬は吠えたりかじったり走ったりするのが仕事。

「だから仕方ないでしょ?」コレは上手に誘導してあげられない親や飼い主の言い訳ですよね。
人前で注意されてしまった、親や飼い主の恥ずかしさから、子供や犬のせいにしちゃえっ!!的な気持ちも少しはあるとは思うんですけど。。。

みなさんはどう思いますか?

05 : 36 : 21 | 雑記 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top
傘。。。
2013 / 01 / 07 ( Mon )
アップしない日が続く中、立て続けのアップ。
気まぐれでスミマセン

今回はフリースタイルのお話を。。。

少し前に今年の3月、4月に向けての曲を決めました。
ワタシとhulaにとって3曲目になります。

1曲目は初めてフリースタイルに挑戦した時の曲。
これは1年半以上やりました。
いろいろあり、この曲は卒業する事にしました。

2曲目は、付け焼刃。
ホントに付け焼刃で2週間で曲とルーティーンを決めた物で、1回限りの本番となりました。
(最初からそのつもりだったので。。。あっ、でも適当と言う意味ではなくむしろ心を込めて作ったので満足してます


そして、今回の3曲目。

今までは、なんとなくこの曲でいいかな~
テンポもhulaには合うかな~
私もこの曲好きだしな~

って感じで選んでいましたが、今回の曲はすんなりと心に入ってきて、この曲でやってみたいと思ったのです。

そして、去年の年末。。。
決めた曲を一緒にレッスンしている仲間に聴いてもらったトコロ。。。
小道具として、傘をを持った方がいい!!!という意見が多かったのです。

確かに今回の曲のイメージとしては、傘は必需品かも知れない。

ワタシ、ビニール傘を持ってやってみました。

ムズカシイ。。。

手持ちの小道具って、誘導にも使えるのは確か。
でも、ただの誘導のための道具にしか見えなくなってしまうと、かなりのマイナスになってしまいます。

しかも相手が開いたり閉じたりする傘だったりすると、開いたり閉じたりした方が使い方としてはおもしろい訳であって、閉じたら広がらないように、まとめてボタン留めたりする必要があるワケで。。
でもって、やっとまとめた傘をまた開きたいシーンもあったりして。。。

hulaを誘導しながら傘さばき???
余裕が


しかもターゲットスティック大好きのhulaは傘をターゲットにしてしまい、すべての動きが傘に付いてくる
おかしいくらい、アタフタしながらお目目キラキラで傘に喰らい付いてくる

でも、ワタシとしてはターゲットにしたい部分もあるし、そうじゃない部分もあったりするので厄介です。

まだ3カ月あるし、ルーティーンが出来あがってる訳でもないので、練習次第かな~とは思っているけど
傘を使うかどうかは相当迷ってます。

上手く使いこなせれば絶対に効果的だとは思うのだけれど。。。。


16 : 21 : 40 | ひとりごと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
結果。。。いや成果???
2013 / 01 / 07 ( Mon )
hulaは8歳。
3月には9歳になる。
ついこの間までパピーちゃんだと思っていたのに、あっという間に9歳。

あっという間。。。
でも、hulaとワタシの9年弱の間にはいろんな事があったな。
トレーニングに関しても、ワンコの青年期と言われる頃のhulaに行って来た方法と今のトレーニング方法は全く違う。
トレーニング方法を変えた事によって多分、多少なりとも混乱もしたと思う。

停滞期???の様な時期もあって、一応の事はやるけど全く楽しくなさそう。
顔もいつも下を向いてたりして。。。(ダックスなのにそれ以上下を見てど~すんじゃっ!!なんてね)
hulaとの関係性を問われた時期もあったりして。。。

でも少しづつモチベーションは上がり、K-9フリースタイルを始めてからは格段に集中力やトレーニングへの 入りも良くなった。
ここまでの道のりは長かったな~

「継続は力なり。。。」
コレ!ホントだと思う。
あきらめたらおしまい。

上手くいかない事によって、イライラしたり落ち込んだり投げ出したくなったり。。。
最悪、犬に八つ当たり。。。

そして自己嫌悪。。。

そんな気持ち、ワカリマス。

K-9フリースタイルも、hulaと一緒に踊りたいとか何かを表現したいとか、そんな気持ちから始めた訳じゃなく、hulaと楽しい事を共有したい!、今までやってきた事が何か形になれば。。。と思って初めてみたけど、本当に良かった。

もっと早くからチャレンジしてみれば良かった。。。って後悔しているくらいですから


例え時間がかかっても、結果って出るもんですよ

ここで言っている「結果」と言うのは、ワタシとhulaの今までを知らない人達の審査という意味での評価ではなく、
ワタシとhulaの間での結果。
結果と言うか、成果という感じかもしれませんね。

まだまだ、フリースタイル初心者のワタシ。
頑張りますよ~


15 : 43 : 35 | うちの子達のこと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
あけまして。。。
2013 / 01 / 03 ( Thu )
あけましておめでとうございます。

とはいえ、もう3日でしたね
かなり遅めの新年のご挨拶になってしまいました。

お正月。。。と言っても、普段と何も変わりません。
犬たちのお散歩も、お勉強も生活パターンも普段と全く同じです。

ただ、世間は違いますね~
ワタシ、取り残されてる感が

でも、町に人が多く出るのは良い事です。
いつもと違う風景だったりする事に、NANAはちょっとドキドキしているようです。
こんなことも、一つの経験。
今のNANAにとっては大切です。

hulaはこういう時にはテンションが上がるので、意気揚々といつもの倍くらいのスピードで歩いてます
(いつもこの位で歩いてくれると非常に嬉しい。。。かな。)

ただ、見かけるワンコ達におしゃべりしすぎなのが残念(hulaはかなりのワンワン犬です。)

身体が小さいくせに、吠える声と言ったらダックス特有の野太い声です。
警戒警報発令しすぎ
(そんなに吠えてるあなたが一番怪しいっつ~の)

そんなお散歩やらお勉強タイムが終わるといつもの通り、まったりなお二人です。
でも、これが日常なんです。

なんか、ホッとします。


mattari...


こんなお正月を送っておりますが、

今年もよろしくお願いします。
1回でも多くワンコの笑顔が見られますように。


05 : 28 : 55 | うちの子達のこと | トラックバック(0) | コメント(2) | page top
| ホーム |